第二弾わたあめ王子と仲間たち:相性調査 連載③マシュマロ君

マシュマロ君はニャンタジスタで一番体が大きいにゃん太です。

 身体は大きいけれど、実は怖がりの弟キャラ!

いつまでも一番小さい弟君でいたかった。

みんなに優しくしてほしい小心者のマロ君は、ケンカを売られたり、じゃれられたりするのが苦手!!

どうやって対処していいかわからないのです。

 

いつも平和に穏やかにほんわかいたいから、プロレスごっこしかけられるのが大嫌い!!

自分からだったらいいんだけれど、追いかけられたりすると、もう大変!!!

 

「シャーーーーーー!!!」

怖いんだからやめてよやめてよ!!

「ギャーーーー!!シャーーーー!!」

こっちに来ないで、あっちいって!!!

「シャーーー!」

 

という具合!

そんなマロ君を手玉に取るのが、

わたあめ王子!!!

 

攻撃を察知して、やめてよ、の合図を送ります。

 

王子、お手柔らかにお願いしますよ!!

そして最近では、チェルシーがマロ君の弱さに気づいてしまいました。。。。

 

チェルシーは身軽だからどこまでもマロ君を追いかけます。

 

 

マロ君はすぐに降参。

「いやだからね」

チェルシー君!いいかげんにしなさいよ!!

そして、ペコちゃんにもからかわれる始末。。。。。

「こないで~」

追いかけたりされないときは、いつもマロ君はゆったり一人で静かにしています。

 

幸せな顔でお昼寝したり、スタッフにゴロゴロと甘えたり。

 

 

平和を愛する心優しい巨人、マロ君。

 

観察の結果、マロ君が苦手なのは、王子とチェルシーで、相性がいいのは、追いかけて来ない仔ならだれでも!ということが分かりました。

 マロ君、君の優しさはよく知っているよ!!

嫌なときはシャーって言って頑張って蹴散らしていいんだよ!!!

 

がんばれマロ君!!!