マイネル君の不調

ニャンタジスタで一番紳士のマイネル君が2日間ほど嘔吐を繰り返し調子が思わしくありませんでした。

 

幸い3日目の朝からご飯を食べられるようになり、今日4月21日にやっと元気になりました。

 

猫ちゃんは時々嘔吐します。それが今回は大変ひどかったのです。その経過をご報告いたします。

実はマイネル君はなんでも口にする仔なのです。

小さい時、まだ4,5か月の頃、猫じゃらしのスポンジを食べ腸閉塞になってしまいました。

すぐに手術をし、無事回復したのですが、獣医先生から、「繰り返しおこるから気を付けてください」とアドバイスを頂きました。

その後、店内では口にしてはいけないものはおかず、猫じゃらしもおもちゃ箱に片付け、しっかり注意をしています。

 

ただ、絨毯の切れ端や、キャットタワーの麻縄といったものも口にする可能性があり油断はできません。

今回、腸の中に何やら白い小さなとんがったものがレントゲン検査で写っていました。

獣医先生は、これがうまく腸を流れていってくれればウンチででるから大丈夫なんだけどね、と不安そうに診断されました。

嘔吐が始まってから毎日点滴をしていただき、吐き気止めのお薬を処方してくださいました。

ただ、飲み薬はあまり効かず、吐き気止めの注射で対応することになりました。

注射をしていただくとピタリと嘔吐は止まりました。

でも、マイネル君はお腹が痛いのか、1日中じっとして動きません。

 

しんどいね、マイちゃん。でもがんばろうね!

 

 

そんな状態が2日続きましたが、3日目の朝、なんとカリカリのご飯を食べたのです。

 

すぐに病院に行って先生に報告!!!

それはいい方向にむかっていますね、と先生も嬉しそうに診断されました。

 

その後、少しずつカリカリの量を増やし、4日目の今日は朝ごはん完食です!!

元気を取り戻したマイネル君!!

さあ、もう大丈夫!!!

さっそく!張り切って窓際パトロールです!!

 

今回白いとんがったものは分解されてウンチと一緒に出てきました。昨日取ったウンチを獣医先生がレントゲンにかけてくださって判明しました。ただ、それが何であったかはわかりませんでした。幸い分解されるものだったのでよかったということです。

今後はさらに注意をし、猫ちゃんが飲み込まないよう気を付けていきたいと思います。